JAL(日本航空)

JALマイルの価値はいくら?特典航空券やJALクーポン、eJALポイントとの交換価値を分析

JALマイルは日本航空の飛行機搭乗などで貯まるポイントプログラムです。JALマイルを貯めることで、JALの特典航空券(無料航空券)と交換できるということが最大のベネフィットです。

ただ、この特典航空券との交換という仕様上、JALマイルは1マイルの価値が〇円相当というように固定することができません。使い方によって価値は大きく変動します。

今回はそんなJALマイルの価値はいくらなのか?何円なのか?ということについて各種特典航空券やJALクーポン、電子マネーとの交換などから分析していきたいと思います。

JALマイレージバンク(JMB)

JALの会員プログラムは「JALマイレージバンク(JAL Mileage Bank:JMB)」と呼ばれます。会員には無料でなることができ、会員は「JALマイル」というポイントを貯めることができるようになります。

貯めたマイルは以下のように利用ができます。

  • 電子マネー(WAONなど)との交換
  • JALクーポンとの交換
  • eJALポイント
  • 国内線特典航空券との交換
  • 国際線特典航空券との交換

後者になればなるほど、JALの1マイル当たりの価値は高くなっていきます。たとえば、電子マネーとの交換は1マイル=1円相当として扱われていますが、国際線(特にファーストクラス)などになると1マイル=10円以上の価値となることがあります。

このように、JALマイルは使い方によって1マイル当たりの価値がブーストされていくのです。マイルを上手に使える人はお得に使える一方で、適当な使い方だとJALマイルの力を発揮できないということになります。

じゃあ、どんな使い方をすればJALマイルの価値を高めることができるのか?ってことも併せて紹介していきますね。

JALに搭乗しない人に利用価値はない

まず、JALというか飛行機に搭乗しない人にとっては当然ですが、あえて貯める価値はありません。たまたま飛行機に乗ったらマイルが貯まったという方は積極的に利用する必要はあまりないと思います。

ちなみに、JALマイルは最低1000マイル~利用できます。言い換えると1000マイル以下の少額しかたまっていないマイルは使い道がないということになります。3000マイル以上になれば、Pontaポイント(共通ポイント)と交換できます。

有効期限は獲得から36か月で失効します。

JALマイルの利用別のお得度を比較

ざっくりマイルをどのように交換するかで1マイルあたりの価値がどうなるか?ということをまとめたのが以下表です。

マイルの交換先 交換レート
他社電子マネーとの交換 1マイル=1円~1.2円相当
JALクーポン 1マイル=1.2円
eJALポイント 1マイル=1円 または 1.5円
国内線特典航空券 1マイル=1.5円~4円くらい
国際線特典航空券(エコノミークラス) 1マイル=2円~5円くらい
国際線特典航空券(ビジネスクラス) 1マイル=3円~8円くらい
国際線特典航空券(ファーストクラス) 1マイル=10円~15円くらい

最高の使い方としては国際線のファーストクラスやビジネスクラスへの搭乗です。マイル価値が跳ね上がりますね。ただ、お得度が高い分、競争も激しいです。

汎用性が高いeJALポイントとの交換が最低ライン?

JALマイルを貯めて使うというのであれば、汎用性が高いeJALポイントとの交換が最低ラインだと思います。JALのネット予約やツアーなどの予約に使える電子マネーです。

  • 5000マイル→10,000ポイント
  • 10000マイル→15,000ポイント

となるので、交換レートがアップする1万マイル以上で交換しましょう。期限は交換から1年間です。このラインがJALマイルを利用する上での最低ラインといえるのではないでしょうか。

JALは使わないけど、何らかの理由でJALマイルが貯まってしまったという場合は、3000JALマイルで交換できるPontaポイントでしょうかね。効率まで考えるなら1万JALマイルで12000WAONポイントと交換できます。

国際線ファーストクラス、国際線ビジネスクラスは超お得

最初にも書きましたが、JALマイルを最高効率で活用したいならファーストクラスやビジネスクラスとの交換がお得です。

国際線ファーストクラスは、例えばNY路線の場合、往復14万マイルで予約できます。通常価格は150万円くらいするので、1マイル当たりの価値は10円以上となります。

そもそも、1回のフライトに150万円という価値を見出せるかどうかは別ですが、JALマイルを貯めてお得に搭乗するという前提ならアリという方も多いかもしれません。

国内線はお得な料金の先得との比較も必要

国際線より、利用しやすいJALマイルの特典の国内線特典航空券でしょう。なお、JALのクレジットカード(JALカード)をお持ちの場合は「JALカード割引」を利用でき、使用するマイル数の優待があります。

あわせて読みたい
JALカードの種類と選び方。オススメのマイルが貯まるJALカードを比較 JALのマイルを貯める、JALの飛行機によく乗るというのであれば外せないのが、JALのクレジットカードであるJALカード(ジャル...

国内線の場合はJALの先得、スーパー先得、ウルトラ先得との比較も必要になってきます。JALに限らず国内線運賃は、早く予約すればするほどお得になります。

  • 75日以上前:ウルトラ先得
  • 55日以上前:スーパー先得
  • 28日以上前:先得

といったようにJALは前予約であるほど安くなります。一方で特典航空券の場合の単価(必要マイル数)は同じです。

つまり、ウルトラ先得と比較すると特典航空券の価値(JALマイルの価値)は相対的に低下しますが、通常予約料金(直前料金)と比較するとJALマイルの価値は相対的に上昇します。

なので、国内線利用時は予約時期でマイル利用か通常予約かを使い分けるとよいでしょう。

言い換えますと、飛行機搭乗を決めるのは直前が多いという方はJALマイルの価値は高く、旅行は数か月前の企画が当たり前という方はJALマイルの価値は相対的に低くなります。

JAL国内線は「どこかにマイル」もお得

羽田、伊丹限定ですが、JALは「どこかにマイル」というサービスも始めています。これは片道6000マイルで「4つの候補」のどこかに飛べるというサービスです。通常の国内線マイルと比較して半分のマイルで特典航空券を発券できます。

あわせて読みたい
JALのどこかにマイルがパワーアップ。2018年2月20日より関空も対象に。 JALのマイルを貯めている人が利用できる“どこかにマイル”というサービスがあります。 こちらのサービスがは2016年12月...

つまり1マイルの価値が2倍になります!ざっくりですが、1マイルの価値が3円~6円くらいになるんじゃないでしょうか。

完全ランダムではなく4つから選べるので、どっかに旅行に行きたいという場合はいいですね。2019年現在、ライバルのANAは同様のサービスはなく、JALのみのサービスです。

JALマイルをお得に使おう

マイルはJALに限らず“使い方によって大きく価値が変動するポイント”となっています。

とりあえずマイルを貯めようという気持ちで貯めるよりも○○という目的のために貯めるという人のほうがお得に使えるでしょう。また、飛行機への搭乗回数が多い人ほど、使い道の幅が広いため、マイル価値を高めやすいです。

あわせて読みたい
陸マイラーとしてマイルを貯めるのに向いている人、向いていない人。 陸マイラー(おかまいらー)というのは、飛行機に搭乗することなく、クレジットカードやポイント交換などを通じてエアラインのマイレージ...

上記の記事でも書いていますが、特に陸マイラーとしてマイルを貯めようとお考えの方は、本当にそんなに飛行機に乗るか?ということも考えたほうが良いと思います。

 

ABOUT ME
traveler
旅行が好きなFPです。そんな旅行をお得に楽しむための情報をまとめていきます。自分が知りたいことを調べたアウトプット、備忘録的な要素もあるので、粗削りな部分もあるかと思いますが、皆さんのトラベルに役立てば何よりです。