シティホテル

SPGアメックスは旅行好きな方に最適なホテル系・マイル系クレジットカード

アメリカンエキスプレスが発行しているクレジットカードにSPGアメックス(正式名称:スターウッド プリファード ゲスト アメリカン ・エキスプレス・カード)というカードがあります。

正式名称が長すぎて、券面にあるようにみなさん「SPGアメックス」と呼んでいます。この記事でも以降はSPGアメックスで統一させていただきます。

このカードは年会費がすさまじく高い(31,000円+税)のですが、多くのトラベラーの方が、このカードほど元が取れるカードは少ないと大絶賛しているカードなのです。その秘密を解説したいと思います。

SPGアメックスの「SPG」とは何か?

SPGはスターウッドプリファードの略です。これはスターウッドと呼ばれるホテルチェーンの会員プログラムの名前です。ANAマイレージクラブみたいなものです。

スターウッドというと知らない人が多いでしょうが、今ではマリオットと統合しており、以下のようなホテルチェーンがグループとなっています。知っている名前が多いのではないでしょうか?

  • シェラトンホテル
  • ウェスティンホテル
  • トリビュートホテル
  • ラグジュアリーコレクション
  • セントレジス
  • マリオット
  • ザ・リッツカールトン

これらのホテルの総合的な会員プログラムの会員証が一体となったクレジットカードになります。「ANAカード」や「JALカード」みたいなものです。

SPGアメックスの基本情報・スペック

続いては、カードのスペックを見ていきましょう。クレジットカードの年会費としてはかなりお高めの部類に入ります。

年会費 31000円+税
カードブランド アメリカンエキスプレス
ポイント還元率 100円の利用につき3ポイント
※対象ホテルやレストランだとポイント増額キャンペーンが不定期開催
たまるポイント ポイント
貯めたポイントの使い道 シェラトンやウェスティンといったスターウッドグループ、関連のマリオットやザ・リッツカールトンのホテルへの無料宿泊との交換。あるいはANAやJAL、海外航空会社のマイレージ(マイル)との交換
ポイント有効期限 最終利用から1年間
特典1 ホテルのゴールドエリート資格付与
特典2 カード更新時に5万ポイント以下で宿泊可能なホテルに無料宿泊可能
国内旅行傷害保険 利用付帯:最高5000万円(家族も1000万円)
海外旅行傷害保険 利用付帯:最高1億円(家族も1000万円)
自動付帯:最高5000万円
航空便遅延保障 海外のみ
キャンセル・プロテクション 出張、病気、けがなどで旅行に行けなくなった場合などのキャンセル費用の補償をしてくれる保険
リターン・プロテクション 購入した商品の返品を受け付けないとき利用可能。
ショッピング保険 1年につき最高500万円まで(ショッピングプロテクション)

うーん、これだけの年会費を払う価値があるのでしょうか?

注目するべきは上記の表で「特典1」「特典2」として挙げた項目です。この二つの特典を活用できる人なら年会費などあっという間にペイできてしまう可能性もあります。

ゴールドエリート資格が付与される

前述の会員プログラムのホテルのゴールドエリートの資格が付与されます。

  1. チェックイン時の空室状態でよりよいお部屋にアップグレード
  2. より高速なインターネットアクセス(プレミアムWi-Fi提供)
  3. ゴールドエリートのウェルカムギフト(宿泊時)
  4. レイトチェックアウト(14時まで)
  5. 参加ホテルでの付与ポイントが25%レートアップ

といった内容になっています。ちなみに、このゴールドエリート資格は、通常なら対象ホテルに年間で25泊しなければ与えられない資格です。

お部屋のアップグレードは運次第なところもありますが、うまくアップグレードされれば数千円~数万円単位で得ができることになります。

カード更新時に一泊無料権が獲得できる

SPGアメックスではカードの更新時に、対象ホテルに無料で宿泊できる権利が獲得できます。

無料宿泊の対象となるのは、5万ポイント相当で宿泊できるホテルとなります。SPG、マリオット、ザ・リッツカールトンのホテルはそれぞれ、ホテルごとに異なる「カテゴリー」があり、カテゴリーごとに必要な無料宿泊のポイントが異なります。

カテゴリーが高いホテルほど、より高級なホテルと考えていただいて結構です。

無料宿泊はカテゴリー6まで、ないしはカテゴリー7(オフピーク)が無料宿泊の対象となります。

2018年中 2019年予定
(オフピーク)
2019年予定
(ピーク)
カテゴリー1 7500 5000 10000
カテゴリー2 12500 10000 15000
カテゴリー3 17500 15000 20000
カテゴリー4 25000 20000 30000
カテゴリー5 35000 30000 40000
カテゴリー6 50000 40000 60000
カテゴリー7 60000 50000 70000
カテゴリー8(2019年以降) 85000 70000 100000

ちなみに、これらの対象ホテルはカテゴリー6でも一泊当たり2万円~3万円以上するのはザラですので、正直この無料宿泊だけでも年会費の大部分はモトが取れてしまう計算になります。

クレジットカードとしてのスペックも高い

上記のような独自の特典だけでなく、クレジットカードとしての一般的なスペックも高いです。

ポイント還元率が高い

ポイントは100円につき3ポイント貯まります。レートとしては3%ですね。ただ、1ポイントの価値は使い道で変わってきます。

貯めたホテルを無料宿泊と交換するという前提なら1ポイント=0.3円~1円くらいの幅がある感じではないかと思います。とすれば、ポイント還元率はホテル無料宿泊で0.9%~3.0%くらいになる感じです。悪くないです。

また、SPGアメックスでたまるポイントは各種航空会社のマイルと交換することができます。また、このレートがいいです。3ポイント=1マイルなのですが、6万ポイント以上の交換ならボーナスとして2000マイルがボーナスでもらえます。

還元率にすれば100円あたり1.25マイル(1.25%還元)とANAカードやJALカードと比較してもより高いレートになります。

さらに、ポイントはANAやJAL、その他海外航空会社というように、自分で交換先を選べます。これも非常にメリットがあります。またポイントは獲得がある限り延長されるので、マイルに交換しなければ、3年というマイルの有効期限(ANA/JAL)を実質無期限的に延長することもできます。

ホテルのクレジットカードですが、マイルを貯めるクレジットカードとしても非常に高いスペックです。

付帯保険も充実

アメックスならではの付帯保険も充実しています。

キャンセルプロテクションが付帯しているので、旅行計画を立てていたけどケガや病気で入院した場合などで旅行に行けなくなった場合はホテル代金等のキャンセル料を保険でカバーしてくれます。

航空機遅延保険などもセットされているので、旅行時の万が一のサポートにもなります。

どんな人にSPGアメックスは向いているのか?

国内旅行、海外旅行等でシェラトンやウェスティン、マリオット、ザ・リッツカールトンといった加盟ホテルに年に数回宿泊するという方はSPGアメックスがあることで、その旅行やホテル滞在のクオリティを大きく高めてくれることでしょう。

一方で、ホテルに宿泊するような機会はほとんどないという方にとってはマイル獲得率がいかに優秀でも、年会費がもったいないです。それならばANAカードやJALカードといった航空会社のクレジットカードの方がおすすめです。

カード発行後に10万円決済で3万ポイント

SPGアメックスは入会特典もあります。

入会から3か月以内にSPGアメックスで10万円以上のお買い物をすれば3万ポイントがボーナスポイントとしてもらえます。金額にすれば100万円分のお買い物相当のポイントになります。

さらに、既存のSPGアメックス会員からの招待でカードを作った場合は上記ボーナスポイントに加えて6000ポイントが追加で給付されます

招待を希望されるのであれば、以下のフォームよりご連絡いただければ今すぐに招待URLをお送りいたします。





ABOUT ME
traveler
旅行が好きなFPです。そんな旅行をお得に楽しむための情報をまとめていきます。自分が知りたいことを調べたアウトプット、備忘録的な要素もあるので、粗削りな部分もあるかと思いますが、皆さんのトラベルに役立てば何よりです。