シティホテル

ハイアットホテルのグループ内のホテルブランドとグレード・ランクの違い

ハイアットホテルは、名の知れた米系のシティホテル・高級ホテルのブランド名ですが、ホテルの名称については実は色々な種類があります。

  • ハイアットリージェンシー
  • パークハイアット
  • グランドハイアット
  • ハイアットセントリック
  • ハイアットプレイス
  • ハイアットリゾート
  • アンダーズ

といった具合で「ハイアット」の名を持つホテルがたくさんあります。これらのホテルの名前(ブランド)ごとの特徴やグレード・ランクについて紹介していきたいと思います。

ハイアットホテルのブランドごとの特徴・特色

ざっくりとした特徴を挙げると以下のようになります。

パークハイアット 300室以下のスモール・ラグジュアリーホテル。客室数が少なめなのでより細やかなサービス。
・パークハイアット東京
・パークハイアット京都
グランドハイアット 伝統的なホテルをイメージしたブランド。大規模ホテル。グランドクラブ(ラウンジ)が完備
・グランドハイアット東京
・グランドハイアット福岡
ハイアットリージェンシー ビジネスからレジャーまで幅広く対応している、ハイアットブランドの中でも基本となるブランド。リージェンシークラブ(ラウンジ)が完備
・ハイアットリージェンシー東京
・ハイアットリージェンシー大阪
・ハイアットリージェンシー京都
・ハイアットリージェンシー箱根リゾート
・ハイアットリージェンシー那覇沖縄
・ハイアットリージェンシー瀬良垣アイランド
ハイアットセントリック 2015年スタートの新ブランド。ビジネス~レジャーまで幅広い
・ハイアットセントリック銀座
ハイアットハウス キッチンを備えた長期滞在型ホテルブランド
・ハイアットハウスニセコ
ハイアットプレイス 2005年に買収したアメリスイーツのリブランド。アーバンリゾート。
・ハイアットプレイス東京ベイ
アンダーズ 新しいタイプの高級デザインホテル
・アンダーズ東京

 

ハイアットホテルのブランドごとのグレード・ランク

ホテルブランドごとのランクやグレードでいえば、「パークハイアット」「アンダーズ」が最上位。「グランドハイアット」や「ハイアットリージェンシー」、「ハイアットセントリック」がそれに次ぐようなイメージとなります。

また、ブランドごとにホテルのランクだけでなく、やはりハイアットが設定しているカテゴリーの方も目安になると思います。

以下は日本国内のハイアットブランドのホテルのカテゴリーです。ハイアットはホテルを8段階のカテゴリーに分類しています。ただ、「8」はハイアットブランドのホテルには設定されていないため、ハイアットホテルの最高グレードは「7」です。

ホテル名 カテゴリー
2019年3月19日~
ハイアット ハウス ニセコ 7
パークハイアット東京 7
アンダーズ東京 7
パークハイアット京都 7
グランドハイアット東京 6
ハイアット セントリック 銀座 東京 6
ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ 6
ハイアットリージェンシー京都 6
グランドハイアット福岡 4
ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄 4
ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド沖縄 4
ハイアットリージェンシー福岡 3
ハイアットリージェンシー東京 3
ハイアットリージェンシー大阪 2

こんな感じです。

やはりパークハイアット、アンダーズが最上位、グランドハイアット、ハイアットリージェンシーはその下といった形ですね。

以下は個人的な評価です。

パークハイアットは確かに高級ホテルではありますが、いわゆるクラブラウンジはありません(東京・京都共通)。代替サービスはありますが、いつでも使えるクラブラウンジとは少し勝手が違います。

ラウンジ(クラブラウンジ)を中心に考えるのであれば、グランドクラブが完備されているグランドハイアット、リージェンシークラブが完備されているハイアットリージェンシーの方が使い勝手はよさそうです(要、クラブフロア宿泊またはグローバリスト)。

ABOUT ME
traveler
旅行が好きなFPです。そんな旅行をお得に楽しむための情報をまとめていきます。自分が知りたいことを調べたアウトプット! 備忘録的な要素もあるので、粗削りな部分もあるかと思いますが、皆さんのトラベルに役立てば何よりです。