ANA(全日空)

ANAの陸マイラーはSFCを取得すべきか?陸マイラーがSFCを取得する意義

ANAのマイルをためて特典航空券で空を飛ぶ、いわゆる陸マイラーの方にとって特に関心が高いクレジットカードが「ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)」ではないでしょうか?

ANAの上級会員としてプラチナ会員相当として扱われるSFCはマイルでの特典航空券予約でも優先的な予約が可能だったり、普通席でもANAラウンジが利用できるなどマイルを使った旅行にも力を発揮します。

そんなANA SFC、ANAの陸マイラーはSFCを取得すべきか?陸マイラーがSFCを取得する意義があるのかどうかを検証したいと思います。

陸マイラーとANAの飛行機

陸マイラーというのは飛行機に搭乗してマイルを貯めるのではなく、陸上でマイルを貯める人を指します。

  • クレジットカードを使ってマイルを貯める
  • いわゆる「ポイ活」をやってポイント交換でマイルを貯める

この二つで貯めている人が多いですかね。

中でも最近はポイ活勢の方々が大量のマイルをためているようです。
ポイントサイトと呼ばれるサイトを利用してクレジットカードの作成やFXの口座開設などを通じてポイントを獲得し、そのポイントをANAマイルに交換するなどすることで大量のマイルを貯めるような人が増えています。

かく言う、私もそうやってポイントをマイルに交換しています。
ポイント交換でマイルをためて、そのマイルで飛行機の乗るというのコスパ最高です。

そうやってANAの陸マイラー活動をしている人が次に目指すのがSFC修行ではないでしょうか?

SFC(スーパーフライヤーズカード)というのはざっくり解説するとANAの上級会員ステータスを半永久的に維持できるクレジットカードのことです。

このSFCを取得すると以下のような特典を受けることができます。

  • 特典航空券の利用枠拡大
  • 荷物のプライオリティタグ(優先扱い)
  • 普通席でも優先チェックイン、優先搭乗
  • ANAラウンジの利用
  • アップグレードポイントで座席のアップグレードなどが可能
  • その他、スターアライアンスメンバーの航空会社でも上級会員特典が付く

そして、SFC(スーパーフライヤーズカード)を取得するには、一度で良いのでANAのプラチナステータスを取得する必要があります。このANAプラチナステータスを取得することを「SFC修行」と呼びます。

陸マイラーがSFCを取得する意義とメリット

もしも、陸マイラーとしてあなたが年に数回くらいは飛行機に搭乗しているというのであればSFC修行によってステータスを取得するメリットは大きいと言えます。

一度SFCを取得してしまえば以降はずっとこれらの特典を享受することができるからです。
※とはいえ永年のサービスがどれくらい継続するものなのかは謎です。ANA次第では特典の縮小などが行われるリスクはあります。

陸マイラーとの相性は非常に良いです。
理由としては貯めたポイントをマイルに交換することによってポイントをお得に使うことができる「特典航空券」の価値を大幅にアップさせることができるからです。

前述のラウンジ特典や、特典航空券を利用した座席の予約枠拡大は強いです。実際、平会員の場合、特典航空券を使った座席予約は解放数が少なく、人気のタイミングや路線の場合は利用できないというケースもあります。これがSFC会員(上級会員)だと枠が拡大されて取得しやすくなります。

マイルを最高効率で活用する国際線のビジネスクラスやファーストクラスの特典航空券も平会員よりはSFC会員の方が解放数が大きく予約の取りやすさが大きく変わります。

マイルを沢山貯めることができる陸マイラー(ポイ活勢)とSFCの愛称は非常に高いといえるでしょう。

陸マイラーがポイ活等で貯めたマイルを使ってSFC修行をする方法

SFCの申し込み資格はANAプレミアムメンバーのプラチナステータスを取得していることが条件になります。プラチナステータスになるには年間に5万プレミアムポイントを稼ぐ必要があります。

ちなみに、プレミアムポイント(略してPP)はANA便への搭乗で貯まりますが、特典航空券(無料航空券)での搭乗はゼロポイントです。原則としてお金を出して飛行機にのらないとためることはできません。

つまり、特典航空券以外の航空券を購入してPPを貯める必要があるわけです。

マイルでSFC会員になるには? スカイコイン1.5倍交換を活用する

できるだけお金をためずにマイルを使ってSFC会員になるには、マイルをANAスカイコインに交換して搭乗する方法があります。

スカイコインは一度の交換量に応じて最大1.5倍のスカイコインと交換することができ、スカイコインを使って航空券を購入可能です。

陸マイラーの皆様が(ポイ活等)でいくらのコストでマイルを取得したかどうかはわかりませんが、仮に70%の交換率(100円=70ANAマイル)で獲得したとした場合、1.5倍の交換なら100円=105円ということになりますので、交換したマイルをスカイコインに交換する方がお得です。

SFC修行に必要なコストはいくら?

取得費用は、安く見積もっても50万円ほどは必要になります。効率的に飛行機に乗ってです。もっとも、出張のように自分の手だしなく飛行機に乗れるという方はその分は差し引くことができます。

もっとも、直近ではPP2倍キャンペーンのようなステータス獲得を容易にするようなキャンペーンも展開されているのでそうしたものを利用すれば費用は下げることができます。

陸マイラーがSFCを取得するデメリット、注意点

デメリットといえるのは初期コストが大きいことのほかにもいくつかあります。

SFC修行のために時間的拘束が生まれる

SFC修行には時間的拘束が生じます。

飛行機に搭乗する必要があるわけなので、休みの日などに飛行機に実際に乗る必要があるわけです。ノーショーではPPは加算されません。

プラチナステータスのために必要なPPを獲得するのに必要な登場回数はもっとも利用者が多いとされる羽田-那覇のプレミアムクラス搭乗で9往復必要です。普通に旅行ついでなら9日間をSFC修行に充てる必要があります(1泊2日でやるなら18日間)。

修行として往復を繰り返した場合、羽田-那覇なら2往復できます。それなら必要なのは5日で済みますが、徒労感を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

このSFC修行という修行行為(飛行機に乗るだけ)については人によって感じ方は違うと思います。また、単身ならともかくご家族がいるようなケースでは家族の理解も必要になるでしょう。

ANA SFCの維持費も意外と高い?

ANA SFCはANAカードに紐づけるする必要があり、さらにカードグレードはANAカードにおけるワイドカード以上となります。年会費は最低11,275円~です。

  • 一般カード:11,275円
  • ゴールドカード:16,500円~
  • プレミアムカード:77,000円~

SFC修行済みの方がプレミアムカードまで取得する意味はあまりないと思いますが、一般カードでも1万円以上の年会費がかかることは重々承知しておく必要があります。
年会費と特典のバランスを考えるならゴールドカードがお勧めになります。そうなると16,500円~の年会費が毎年必要になります。

また、SFC修行済みの方は家族カードも特典対象になるので、夫婦なら家族カードを追加で1枚発行することになると思います。その場合は8,250円の年会費が追加で必要になります。

これがSFCの維持費用となります。夫婦なら年2万円以上です。もちろん、得られる特典にそれ以上の価値はあると思いますが、ANAの利用頻度が年1回程度というのであれば、2万円出して普通にプレミアムクラスで予約する方が結果としてローコストになることも……。

年にどのくらいANAの飛行機に搭乗するかが重要

もしもあなたがクレジットカードの利用などでANAマイルをためて年1回以下しか飛行機には乗らないという陸マイラーならSFCを取得するメリットはほぼないでしょう。

一方で、何らかの理由によってANAのマイルを大量にためており、それを活用して年に何回も飛行機に乗っている、海外旅行にも行くというのであれば、SFCを持つメリットは大きいと思います。

特にポイ活などを積極的にやってANAマイルへと交換しているような人は、一度SFC修行をして上級会員になることができれば、翌年以降はマイルを使った特典航空券が取りやすくなりますし、予約すればそのままANAラウンジも使えるといったように旅行のQOLが著しく上昇することは間違いありません。

ポイ活や陸マイラーとして毎年継続的にポイント(マイル)を貯めて特典航空券で旅行するぞ~という意気込みのある人はぜひSFC修行をしましょう。

ABOUT ME
とらべるお
旅行が好きなFPです。そんな旅行をお得に楽しむための情報をまとめていきます。自分が知りたいことを調べたアウトプット! 備忘録的な要素もあるので、粗削りな部分もあるかと思いますが、皆さんのトラベルに役立てば何よりです。
おすすめ旅行キャンペーン

楽天トラベルお子様1名につき1000P
※無料の未就学児も対象!!添い寝無料のホテルが捗る。県民割併用OK。2022年9月30日チェックアウトまで。要エントリー。

<県民割・ブロック割でお得に旅行>
宿泊代金が最大50%OFFになるお得な県民割、ブロック割を活用してお得に旅行をしましょう。

楽天トラベル

じゃらんネット