旅をお得にするサイト・アプリ

一休.comでホテル予約、ヘビーユーザー向け特典充実の高級ホテル・旅館予約サイト

一休.comというホテル予約サイトがあります。現在はYahoo!Japanの傘下にあるホテル予約サイトです。一休(いっきゅう)という響きと同じ「一級のホテルや旅館」の予約ができるオンライン旅行代理店です。

楽天トラベルやじゃらんネットなどとは違い、高級シティホテル、リゾートホテル、高級旅館などに強みがあります。

また、一休.comの特徴としてヘビーユーザーを極めて優遇するシステムがあります。旅行や出張などでホテルを予約する頻度が多い方は一休.comを使ったホテル・旅館予約がお得です。

高級ホテルや旅館に特化したホテル予約サイト

一休.comは2016年にヤフーに買収されて運営会社の一休が完全子会社になりましたが、路線はそのままです。

高級ホテルや旅館に絞った掲載となっているので、登録数自体は少ないですが、一休に掲載されている宿なら一定以上のクオリティは期待できると思わせるブランド力があります。

運営会社 株式会社一休
ポイント還元 1%~5%
※事前カード決済優遇
登録施設数 4400軒
支払方法 ・宿での現金、クレジットカード
・事前カード決済

同じホテル予約サイトの楽天トラベルじゃらんネットは2万軒を超えるホテルや旅館と手活けしていることを考えると、一休.comはかなり絞っているイメージですね。

一休.comの強み、向いている人

一休.comはホテルや旅館の掲載数自体は少ないですが、ラグジュアリー志向の方には、安ホテルが掲載されていないということ自体が逆にメリットといえるかもしれません。

その他にも以下のような強みがあります。

  • ポイント還元率は高め
  • 一休会員ステージが秀逸、ダイヤモンドなら上級会員扱い

ポイント還元率は高め

これはオマケみたいなものですが、一休.comはポイント還元率が高めです。
宿泊でも1.0%~5.0%となります。現地決済よりもオンラインカード決済の方が還元率が高くなります。

一休会員ステージが秀逸、ダイヤモンドなら上級会員扱い

一休.comのもっとも秀逸な部分は「一休会員ステージ」の存在です。

一休.comは半年間の利用金額によって、レギュラー、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドの4ランク制を敷いています。ゴールド以上になるとポイントもたくさんたまり、さらに特別プランの予約もできます。

これがランクが上がるごとにさらに割引等が強烈になります。さらに、最後のダイヤモンド会員に対しての「ダイヤモンド会員様限定スペシャル特典」がすごいです。

たとえば、一例として、あるホテルでは

  • お部屋の無料アップグレード
  • レイトチェックアウト
  • ウェルカムギフト
  • フィットネスやスパの無料利用
  • ビデオオンデマンド利用料無料
  • 特別なアメニティプレゼント

といったように、通常のお客様よりも特別扱いをしてくれるわけです。こうした特別サービスはシティホテルなどでは「上級会員」として優遇する会員サービスがありますが、それと同じようなものです。

一休.comのいいところは、特定のホテルチェーンにとらわれず、多くのホテルチェーンだけでなく旅館などでもこうした特別扱いをしてくれるというところです。

ダイヤモンドの条件は半年間で30万円とちょっとハードルが高めではありますが、出張gあ多い方や家族旅行などをよくする方であれば達成不可能な水準ではないです。

旅行出張が多い方だからこそ、さらに優遇されてもっと良い条件で宿泊ができる。そんなサイトに一休.comはなっているわけです。

最初の修行が嫌ならセゾンアメックスプラチナカードが有利

でも、最初はレギュラー会員からスタートするのか……。できれば最初からダイヤモンド会員になりたい。という修行が嫌いな方におすすめなのは、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。

このクレジットカードを保有していれば、1回限りではありますが、一休プレミアサービスの最上位である「ダイヤモンド」を約1年間体験できます。初めての利用でも1年はダイヤモンド会員になれます。

一休.comのダイヤモンド会員を堪能して、半年で30万円の利用をすれば次からはダイヤモンド会員を継続できるわけです。

ビジネスカードと名前がついていますが、個人でも申し込みできます。年会費は2万円とやや高めですが、200万円以上決済すれば半額になります。

>>セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード公式ホームページ

一休は旅行や出張が多い方に向く、ホテル予約サイト

一休.comはそんな旅行や出張でホテルを使うことが多い人に向いたホテル予約サイトとなっています。さらに言えば、シティホテルやリゾートホテル、あるいは旅館のように、やや単価の高いところが好きな方ですね。

一方で、ホテル予約は使っても年1回、2回という方は、一休.comの強みを活かすことができません。そういう方は使いやすさを重視して楽天トラベルやじゃらんネットなどの総合型のホテル予約サイトの方がお得なはずです。

>>一休.com公式ホームページ

以上、一休.comについて紹介しました。

ABOUT ME
traveler
旅行が好きなFPです。そんな旅行をお得に楽しむための情報をまとめていきます。自分が知りたいことを調べたアウトプット、備忘録的な要素もあるので、粗削りな部分もあるかと思いますが、皆さんのトラベルに役立てば何よりです。