ホテルに関する情報

最も安くホテルを予約するための予約サイトと公式サイトの活用方法や予約のコツ

ホテルの予約をするというときにどうしても気になるのは「その宿泊料金って本当に安いの?」ということではないでしょうか。ホテルの価格(室料)というのは航空料金(飛行機の料金)と同様にあってないようなものという側面もあります。

今回はホテル予約サイトなどを活用するときに最も安くホテルを予約するための方法や、予約のコツなどを紹介していきたいと思います。

楽天トラベルやじゃらんネットは本当に安い?

ホテルを予約するなら楽天トラベルやじゃらんネットなどのホテル予約ポータルサイトを利用している方も多いかもしれません。

一度にたくさんのホテルや旅館などを横断検索できるのは便利ですね。
ただし、正直これらのサイト経由が最良というわけではありません。

 

最も安い価格を提示するのはホテルの公式サイト

まず、多くのビジネスホテル、シティホテルではベストレート保証(最低価格保証)といってホテルの公式サイトでの予約をもっとも優遇すると宣言しているところが増えています。

そしてお得なプランについてもホテルの公式サイトのみで掲載するようになってきています。

 

大きな理由は「ホテル予約サイトの手数料」

じゃらんネットや楽天トラベル、一休.comなどのホテル予約サイト(ポータルサイト)の収益源は予約を通じてホテル側から得られる手数料収入です。
この費用というものは宣伝料や予約システムの運用経費といった側面があるわけです。

一方でこうした手数料はホテルや旅館側からしたらコストとなります。特に自前での集客力がある程度見込めているホテルほど、このコストは無駄に感じてしまいます。

 

集客が見込める時期は予約サイトへの在庫を絞る傾向

こうしたこともあって、集客が見込める休前日や大型連休の時期などは、ホテルや旅館側も予約サイトへの空室在庫を絞る傾向があります。

 

もっとも安く、お得にホテルを予約する方法

こうした状況を把握したうえで、もっとも安く、お得にホテルを予約する方法を紹介していきます。楽天トラベルやじゃらんネットなどの予約サイトのいいところ、公式サイトのいいところの両方を活用するべきです。

 

予約サイトの強みは情報量とポイント還元

まず、予約サイトの強みというのは検索等における情報量とポイント還元などの仕組みです。

たとえば旅行の計画を立てるとき、どこにどんなホテルがあるのか?ということをいちいち検索エンジンなどで調べるのは大変です。そんな時には日時を選択せずにホテル予約サイトで検索をすれば周辺にどんなホテルや旅館があるのかを探すことができます。

こうした一覧性・検索性は予約サイトの大きな強みといえるでしょう。また、口コミなどの情報も歩い程度はホテルや旅館選びの参考になるはずです。

もう一つの強みは「ポイント還元」や「クーポン」などの仕組みの活用です。
ホテルの公式サイトがベストレート保証をしているのはあくまでも「表面価格」です。つまり、楽天トラベルで1泊15,000円なら公式サイトなら14,500円といったように価格では必ず最安値を出すという意味になります。

その一方で予約サイトの場合はポイント還元やクーポンなどで予約サイトが負担する形でのポイントバック、ポイント還元が行われる場合があります。仮に上記の価格でも予約サイトでは10%のポイント還元が行われるという場合、実質的な宿泊料金は13500円となり、予約サイト経由のほうが安くなります。

ただし、後述しますが大手のホテルチェーンなどは公式サイトからの予約限定でポイントプログラムを用意しているケースもありますのでそちらも加味する必要があります。

 

公式サイトは全般的に安い。何度も利用するなら会員制度でさらにお得なことも。

公式サイトの強みは大きく「価格面(ベストレート保証)」「予約の取りやすさ」「独自の会員・ポイントプログラム」という三つが挙げられるでしょう。

 

安くホテルを予約できる
価格的には全般的に安いです。時には急なバーゲン価格での予約ができるようなこともあります。楽天トラベルなどの予約サイトでは一切割引をしないホテルでも、公式サイト経由の予約限定でのタイムセールなどを実施するケースもみられます。

 

ホテル予約サイトでは満室でも公式なら空室ありのケースもある
楽天トラベルなどの予約サイトでは満室となっていて予約できない場合でも公式サイトなら予約可能となっていることもあります。理由は前述のとおりです。

 

独自の会員・ポイントプログラムでお得
また、ビジネスホテルチェーン、シティホテルチェーンなどでは独自の会員プログラムを用意しているケースがあります。宿泊でポイントがたまったり、様々な優待を受けることができます。多くのケースでは「公式サイトあるいは電話予約の場合のみ優待利用できる」という形になっています。

<<ポイント>>
宿泊でポイントがたまります。たまったポイントはホテル代金への充当に充てるというのが基本ですが、大手のシティホテルチェーンなどの場合はエアラインのマイレージ(マイル)に交換できるようなサービスも行っていることが多いです。ポイントの還元率は総じて楽天トラベルやじゃらんネットなどよりも高いことが多いですが、そのホテルで使うというのが前提なので汎用性は低めです。

<<会員のみの優待制度>>
特にシティホテルに多いです。朝食無料、お部屋の無料アップグレードなどの特典を用意している場合があります。
利用回数などに応じて会員グレードがあがり、エリート会員(上級会員)としてさらに優遇されることもあります。なお、こうした優遇は公式サイトからの予約のみとなります。

 

まとめ。大手ホテルなら公式サイトが全体的にお得

全体的な傾向として、大手のホテルや旅館の予約を安くしたいというのであれば公式サイトからの予約がお得だと思います。

一方で家族経営のペンションや小さな規模のビジネスホテル・旅館などの予約であれば公式サイトでの予約システム自体を持たないところも多いので、結果的に予約サイト経由に限られるというケースも少なくありません。

お勧めの探し方としては、

(1)楽天トラベルやじゃらんネットなどの予約サイトで宿を探す
(2)ある程度目星をつけたらピックアップした宿の公式サイトを見てみる
(3)価格やプランを比較して安いところ、特典があるところで予約する

という流れがおすすめです。

 

以上、最も安くホテルを予約するための予約サイトと公式サイトの活用方法や予約のコツでした。

ABOUT ME
traveler
旅行が好きなFPです。そんな旅行をお得に楽しむための情報をまとめていきます。自分が知りたいことを調べたアウトプット、備忘録的な要素もあるので、粗削りな部分もあるかと思いますが、皆さんのトラベルに役立てば何よりです。