飛行機・空港に関する情報

飛行機の燃油サーチャージとは何か?ゾーンの決まり方と過去の推移

燃油サーチャージとは、燃料価格の高騰に伴って、航空会社が通常の運賃とは別に徴収をする追加料金です。燃料価格に連動するように決まっており、燃料価格が高くなるとサーチャージも高くなり、一定を下回るとサーチャージは徴収されなくなります。

ツアーや航空券によっては旅行代金と別に燃油サーチャージがかかる場合があります。料金確認の際は燃油サーチャージが含まれている/いないをしっかり確認するようにしましょう。

燃油サーチャージの仕組み

まず、燃油サーチャージは燃料価格に応じて各航空会社が基準となる価格表(テーブル)を持っており、そちらで価格に反映させる仕組みになっています。

たとえば、ANA(全日空)やJAL(日本航空)の場合、シンガポールケロシン市況価格(円建て)を指標としており、過去2か月の平均に基づいて燃油サーチャージを決定しています。ケロシンというのはジェット燃料のもとになる石油成分です。

燃油サーチャージの決まり方

相場をもとに決まるのですが、リアルタイムではありません。航空券の発券日ごとに以下のように決まります。

  • 発券日:計算期間
  • 4月~5月:前年12月~1月の平均
  • 6月~7月:2月~3月の平均
  • 8月~9月:4月~5月の平均
  • 10月~11月:6月~7月の平均
  • 12月~1月:8月~9月の平均
  • 2月~3月:10月~11月の平均

こういったように発券日と3~4か月前の原油価格で燃油サーチャージが決まってくるわけです。いいかえると、原油価格が上昇してきているなら早めに、下落してきているなら遅めに発券すると燃油サーチャージを節約できることになります。

ケロシン価格と燃油サーチャージのゾーン

燃油サーチャージは前述のケロシン平均価格×為替レートで決定されます。ケロシン価格に応じてゾーンと呼ばれる価格帯ごとにサーチャージの金額が決定されます。以下ではゾーンA~ゾーンGまで紹介しています。なお、実際にはもっと高額な設定まであります。

なおゾーンというのはJALの呼称ですが、金額帯はANAも同じです。

燃油(ZONE) 6000円未満 7000円未満
ゾーンA
8000円未満ゾーンB 9000円未満
ゾーンC
1万円未満
ゾーンD
1.1万円未満
ゾーンE
1.2万円未満
(ゾーンF)
1.3万円未満
ゾーンG
日本⇔
北米・欧州・オセアニア
適用なし 3500円 7000円 10500円 14000円 17500円 21000円 25000円
日本⇔
ハワイ・インド・インドネシア
2000円 4000円 6000円 8500円 11000円 13500円 16000円
日本⇔
タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア
1500円 3000円 4500円 6500円 8500円 10500円 13000円
日本⇔
ベトナム・フィリピン・グアム
1000円 2000円 3000円 4000円 5000円 6500円 8000円
日本⇔
東アジア
500円 1500円 2500円 3500円 4500円 5500円 7000円
日本⇔
韓国
200円 300円 500円 1000円 1500円 2000円 2500円

こんな感じで設定されています(2019年2月22日現在・JAL)。燃油サーチャージ料金は「片道」です。

例えば、燃料価格が11,000円未満のテーブル(ゾーンE)の時、北米路線では片道17,500円の燃油サーチャージが徴収されることになるわけです。結構な金額ですね……・。

ANAやJALの特典航空券だと燃油サーチャージが別途必要

燃油サーチャージは特典航空券を利用する際は「別途」必要になります。

特典航空券で無料航空券をゲットと思っても、たとえば、ハワイまでゾーンEの燃油サーチャージを家族4人分となると、それだけで88,000円も必要になる計算です。意外とバカにならないですね。

国内線の燃油サーチャージはどうなの?

国内線の燃油サーチャージはチケット代と別には徴収されていません。ただ、航空券代に燃油代が含まれており、季節ごとに行われる航空券代の改定のさいに燃油価格の変動分も反映しているものと考えられます。

燃油サーチャージはいつ時点で決まる?

購入時のサーチャージがかかります。なので、ベストな戦略としては燃油サーチャージが安い時期に購入(発券)をしてしまう事です。

燃油サーチャージに先高観がある場合は、早めに予約・発券をしたほうがいいです。一方で燃油サーチャージが下がりそうであるのであれば、発券はできるだけ遅らせた方がいいということになります。

燃油サーチャージの推移

過去の燃油サーチャージの推移を見ていきましょう。

2016年4月~2017年1月までは原油価格の落ち着きにより適用なしの状況でしたが、2017年2月~復活しています。

  • 2016年4月~2017年1月:適用なし
  • 2017年2月~3月:ゾーンA
  • 2017年4月~7月:ゾーンB
  • 2017年8月~11月:ゾーンA
  • 2017年12月~2018年1月:ゾーンB
  • 2018年2月~7月:ゾーンC
  • 2018年8月~2019年1月:ゾーンD
  • 2019年2月~2019年3月:ゾーンE
  • 2019年4月~2019年5月:ゾーンB
  • 2019年6月~2019年7月:ゾーンC

というように、結構な頻度で変動しています。ここのところ上昇傾向にありましたが、2018年11月からの原油価格下落によって2019年4月~5月の燃油サーチャージは3段階ダウンしてゾーンBに大幅下落、6月からは1段階上昇となっています。

ABOUT ME
traveler
旅行が好きなFPです。そんな旅行をお得に楽しむための情報をまとめていきます。自分が知りたいことを調べたアウトプット、備忘録的な要素もあるので、粗削りな部分もあるかと思いますが、皆さんのトラベルに役立てば何よりです。