ANA(全日空)

SFCとANAプレミアムクラスの比較。修行までしてSFCになる価値ある?

あくまでも国内線限定というお話です。もしも、将来的にも国際線にのる機会があまりないという方でANAの国内線ラウンジ利用などのSFC特典に惹かれていてSFC修行しようかなと考えている人向けの記事です。個人的にはSFC修行に50万とかかけたうえ、SFCの年会費で毎年1万円払うなら、その分で毎回の飛行機のをプレミアムクラスにアップグレードした方がいいのではないかと思います。

SFCとプレミアムクラス利用の違い

国内線だとANAの飛行機の上位席は「プレミアムクラス」という座席になります。

プレミアムクラスの特典
○ANAラウンジが利用可能
○プレミアムチェックイン、プレミアム専用検査場が利用できる
○優先搭乗が利用できる
×上質で広いシートが利用できる
×機内サービス(機内食とドリンク)

○はANA SFC会員なら平シート(通常シート)でも利用できる特典で、×はプレミアムクラス利用者しか利用できない特典です。国内線の場合、飛行機登場によるサービス面は明らかにSFC<ANAプレミアムクラスとなっています。

マイル加算率などはSFC会員の方が、一般のANAカード会員と比べて高いですから、マイレージをためるという点を考えるとSFCの方が魅力的かもしれませんが、勝っているという点はそのくらいです。

SFC修行や維持にかかるコストとメリットを比較して考えよう

SFCになるにはすべて修行すると考えるとPP効率を考えて頑張っても50~70万円くらいの費用は必要になるはずです。さらに、SFC(スーパーフライヤーズカード)の最低年会費は10,250円~です。一般のANAカードの2000円程度と比較して高額になります。
参考:ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)は半永久的にANA上級会員になれるクレジットカード

一方でプレミアムクラスのシート代金は、当日出発便に空きがあれば9000円プラスです。
予約方法などによっては差額はもっと大きくなる場合もあれば、小さくなる場合もありますが、そこまで高額なものではありません。

仮に年に3往復ほど国内線に乗るとして、全部プレミアムクラスにしても金額アップ分は54,000円です。
年会費の差とイニシャルコストであるSFC修行の費用を考えるとモトをとるには10年以上かかる計算になります。

 

以上から、飛行機の利用が国内線がほとんどで、そもそも飛行機に乗るのは年数回程度、というのであれば素直に毎回プレミアムクラスを予約する方がお得なのではないかと思います。

ABOUT ME
traveler
旅行が好きなFPです。そんな旅行をお得に楽しむための情報をまとめていきます。自分が知りたいことを調べたアウトプット、備忘録的な要素もあるので、粗削りな部分もあるかと思いますが、皆さんのトラベルに役立てば何よりです。