ノーショウ(no show)の意味。連絡なしのキャンセル。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ノーショウ(no show)とはホテルやレストラン、飛行機などの予約に関する用語です。予約しているのにキャンセルの連絡もせずにあらわれないことを指します。当然ですが、ノーショウは関係者に大きな迷惑をかけることになります。また、ホテルへのノーショウの場合は、宿泊費の全額負担が基本となります。

ノーショウとオーバーブッキング

ホテルや航空会社などはこれまでの統計的なデータなどから一定のノーショウ(no show)の客がいるということを想定しています。そのため、たとえば飛行機やホテルの予約などは座席数や客室を超える予約を受け付けることがあります。

特に合理的な海外のホテルや航空会社では顕著にみられます。

ただ、そうした読みは外れることもあり、時には当日の理由者数の方が座席数や客室よりも多いことがあります。これがオーバーブッキングとなります。

オーバーブッキングの場合は座席のアップグレードなどによる変更のほか、飛行機の場合は別の便への振り替えのボランティアを募集することもあります。こうした場合には一定の補償金が支払われるのが通常です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。