ANA(全日空)

ANAやJALの上級会員制度とは何か?どんな特典があるの?

ANAやJALはそれぞれ「ANAマイレージクラブ」「JALマイレージバンク」という会員プログラムを用意しており、利用でマイル(マイレージ)が貯まるようになっています。さらに、それぞれの航空会社は自社をより多く利用してくれている人向けの会員優遇サービス(上級会員サービス)も合わせて提供しています。

今回はANAやJALの上級会員制度とはどのようなものなのか?どうやったら上級会員になれるのか?といったことについて説明していきます。

ANAの上級会員制度(プレミアムメンバーサービス)

ANAの上級会員制度は「プレミアムメンバーサービス」というものがあります。

・ブロンズ
・プラチナ
・ダイヤモンド

以上の3クラスが用意されており、下にいくほどグレードが高くなっております。上級会員になるには、ANA便(提携航空会社含む)への搭乗が基本となります。

飛行機の搭乗で貯まるポイントで距離・座席グレード・予約形態などで異なる「プレミアムポイント(通称:PP)」と呼ばれる上級会員サービス専用の判定ポイントが決定されており、1年間に獲得したプレミアムポイントで翌年度の会員ステージが決定します。

つまり上級会員であり続けるにはANA便に毎年乗り続ける必要があるというわけです。
ただし、プラチナ以上の上級会員になると「SFC(スーパーフライヤーズカード)」というクレジットカードを作る権利が付与されます。

SFC(スーパーフライヤーズカード)を作れば、年会費を支払い続ける限りはプレミアムメンバーサービスのプラチナ相当(※)の上級会員としての権利が与えられます。

※厳密にはプラチナではなく、SFC会員というステータスになり特典内容はプラチナと似ていますが若干プラチナより劣るといった内容になっています。

 

また、プレミアムメンバーサービスは原則として1年単位の上級会員プログラムですが、一生涯を通じての総飛行距離で判定される「ミリオンマイラープログラム」も存在します。

 

JALの上級会員プログラム(FLY ON プログラム)

JALの上級会員制度は「FLY ON プログラム」といって、ANAと同じ3つの上級会員ランクが用意されています。

・JMBクリスタル
・JMBサファイア
・JMBダイヤモンド

搭乗マイルから計算される「FLY ON Ponit(通称:FOP)」の1年間の累計によって翌年のサービスステータスが変わるというのはANAと同様です。

上級会員の有効期限は1年です。ANAと同様にJMBサファイアの資格を取ると「JGC(JAL グローバルクラブ)」といクレジットカードを作ることができ、JMBサファイア相当の上級会員としてのサービスを年会費を払い続ける限り利用可能です。

さらに、JGCメンバーになった後も一定の基準を満たすと、「JGCプレミア」というステータスメンバーになることができます。

 

目標としてはANAプラチナ、JMBサファイア

ANAやJALの上級会員を目指すという時、一定の基準と言うか目標になるのはANAプラチナとJMBサファイアというステータスとなるでしょう。

このステータスを取得すればANAはSFC(スーパーフライヤーズカード)、JALはJGC(JALグローバルクラブ)という半永久的な上級会員資格を手に入れることができるわけです。

ちなみに、通常の飛行機搭乗でこれらのステータスを取れるくらい乗る方はいいですが、そうでない方はSFC修行やJGC修行というようにこれらのステータス獲得を目的として飛行機に乗るという方も少なくないそうです。

 

以上、ANAやJALの上級会員制度とは何か?どんな特典があるの?というお話でした。

ABOUT ME
traveler
旅行が好きなFPです。そんな旅行をお得に楽しむための情報をまとめていきます。自分が知りたいことを調べたアウトプット、備忘録的な要素もあるので、粗削りな部分もあるかと思いますが、皆さんのトラベルに役立てば何よりです。