2016年 5月 の投稿一覧

SFCとANAプレミアムクラスの比較。修行までしてSFCになる価値ある?

あくまでも国内線限定というお話です。もしも、将来的にも国際線にのる機会があまりないという方でANAの国内線ラウンジ利用などのSFC特典に惹かれていてSFC修行しようかなと考えている人向けの記事です。個人的にはSFC修行に50万とかかけたうえ、SFCの年会費で毎年1万円払うなら、その分で毎回の飛行機のをプレミアムクラスにアップグレードした方がいいのではないかと思います。

続きを読む

ダイバートの意味。目的地以外の空港に着陸すること。

ダイバート(Divert)とは、飛行機の運航において、何らかのトラブルなどにより当初の目的地以外の空港に着陸することを指します。ダイバートが発生する理由としては視界不良などの天候が悪い、滑走路のアクシデント、燃料不足、機内での病人トラブルなどの発生、空港の営業時間終了などが挙げられます。

続きを読む

ノーショウ(no show)の意味。連絡なしのキャンセル。

ノーショウ(no show)とはホテルやレストラン、飛行機などの予約に関する用語です。予約しているのにキャンセルの連絡もせずにあらわれないことを指します。当然ですが、ノーショウは関係者に大きな迷惑をかけることになります。また、ホテルへのノーショウの場合は、宿泊費の全額負担が基本となります。

続きを読む

ANAの陸マイラーはSFCを取得すべきか?陸マイラーがSFCを取得する意義

ANAのマイルをためて特典航空券で空を飛ぶ、いわゆる陸マイラーの方にとって特に関心が高いクレジットカードが「ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)」ではないでしょうか?

ANAの上級会員としてプラチナ会員相当として扱われるSFCはマイルでの特典航空券予約でも優先的な予約が可能だったり、普通席でもANAラウンジが利用できるなどマイルを使った旅行にも力を発揮します。

そんなANA SFC、ANAの陸マイラーはSFCを取得すべきか?陸マイラーがSFCを取得する意義があるのかどうかを検証したいと思います。

続きを読む

アメニティドームとタフワイドドームの比較。初心者におすすめなのはどっち?

キャンプをするときのテント選び、初めてのテントとして人気が高いのがスノーピークの「アメニティドーム」とコールマンの「タフワイドドーム」です。どちらもキャンプ場に行くとかなりの確率で遭遇するテントです。

実際に、それだけの人が使っているということはそれだけ支持されているテントです。実際にどちらも非常にコストパフォーマンスも優れたテントだと思います。もちろん、みなと同じテントは嫌だという方もいるかもしれませんが、そうした方は今回の記事は読み飛ばしてください。

今回はそんな優れたアメニティドームとタフワイドームをキャンプ初心者の方向けに比較していきます。

続きを読む

ANAやJALの旅行積立のメリット、デメリット。旅行積立は本当にお得か?

百貨店などが実施している「デパート友の会」と同じような仕組みが大手の航空会社でも用意されています。国内大手のANA(全日空)、JAL(日本 航空)はそれぞれで友の会のような旅行積立サービスを行っています。これらの旅行積立は最大で年利3%程度のボーナスを受け取ることができるので、旅行な どを検討している方にとっては有利に活用できる可能性があります。

その一方で使い道を限定された旅行券とするのにたった3%程度のプレミアム(利回り)で満足できるのか?という疑問もあります。今回はANAとJALが実施している旅行積立プランの仕組みとメリット、デメリットを分かり易く紹介していきます。

続きを読む

クルーズトレインの魅力は何か?ななつ星、トワイライトエクスプレス瑞風、TRAIN SUITE 四季島

クルーズトレインとは、豪快寝台列車のことです。明確な定義があるわけではありませせんんがクルーズ(豪華客船)のような旅を列車で提供することを目的しているものです。単なる移動手段ではなく、高級感のある客室やダイニングルーム、ラウンジなどが備えられています。

日本では2013年10月に運行を開始した、ななつ星がクルーズトレインの走りとされます。今回はそんな日本のクルーズトレインと楽しみ方を紹介していきます。

続きを読む

最も安くホテルを予約するための予約サイトと公式サイトの活用方法や予約のコツ

ホテルの予約をするというときにどうしても気になるのは「その宿泊料金って本当に安いの?」ということではないでしょうか。ホテルの価格(室料)というのは航空料金(飛行機の料金)と同様にあってないようなものという側面もあります。

今回はホテル予約サイトなどを活用するときに最も安くホテルを予約するための方法や、予約のコツなどを紹介していきたいと思います。

続きを読む